ミニチュア椅子

1_DSC0766

椅子といっても1/2.5の椅子なのでぬいぐるみ用くらいのサイズ。

娘が生まれて最初に娘のために作ったのがこの椅子。

まだ修行中の時の懐かしい作品。

今はもうというか3歳になる頃にはすでに椅子のほうが

子供のお尻より小さくなっていました・・・

あれから26年。

本当に時間の過ぎるのは一瞬ですね。

 

大量生産

wpid-shareimage20150617_114834.jpg

今秋に蕎麦屋さんを開店予定のお客様よりご注文。やっと完成です。

ほとんど一品の注文ばかりなので複数制作する事はないのです。まあ多くても2つ3つくらいでしょうか。

七つは大量の部類にはまず入らないのでしょうが普段にない者にとってはけっこうきつかったですね。

ましてやこれ以上の10や20という数字は想像したくもないです。
まぁ、おそらくそんな恐ろしい注文は無いでしょうが…

始めて20年越えるのですが、考えてみるとお店からのご注文は初めてでした。

もっとも建築関係の業者との付き合いなくやってきたので当然といえばのことなのでしょうが、やってみると同じ使用のものでも個人宅行きとはまた違う頭で制作を進めていかなければならないこともあり何年やってても勉強ですね。

改めてまだまだ楽しいことはいっぱい待っていると感じた仕事でした。

はかどる時間

昔から夜型人間なので仕事は昼より人が寝ている夜中にする方がはかどります。
冬はさすがに寒くてやる気にならないけどこれからの季節はバンバンにやる気になりますね。

image

倉敷行き

image

image

とても暖かな日和です。
仕事で倉敷に出たので観光客の多い通りを通ってみたら久しくこない間になんだか景色が変わってました。
なんだか空が何か足りない、すっきりしすぎだなと思ったら電信柱がない!
路面もなんだか観光地のような雰囲気。
ひなびた風情だった倉敷もある意味、俗化していってることが少し残念な倉敷行きでした。

サンマ!

image

サンマの美味しい季節になりました。
さすがに部屋の中ではキツイので外でやきます。
暗い中で撮ると美味しそうな見た目も半減ですなぁ。

うちの切れ者

DSC_01130

 今から六、七年前くらいに買った包丁。値段は忘れたけれど、まあまあな額だったことを覚えています。
 使って切れ止むと研いで、また使っては研いでと繰り返し新品の時の半分以上もスリムになり、なんだかペティナイフの親分みたいになったけどよく切れてくれます。昔からよい仕事をする道具は寿命が短いと云いますが、キッチンの下のはるか十年以上前からある他のステンレスのなまくら物は買ったときの姿のままでたまにしか出番もなくナイフホルダーの肥やしになっています。
 働けるのもあと数年でしょうが最後まで見届けて次のをむかえます。